ロレックスの時計の大きさについて

時計の直径はどのくらいの大きさがいいのでしょうか。時計には様々な大きさのものがあり、最小であれば15mm程度、最大であれば50mmの時計があります。

最近のトレンドでいえば時計は40mm程度の大きさが流行しており、ロレックスで2000年後に出たモデルを見てみても、デイデイトⅡやデイトジャストⅡは41mmと大きいです。ほかにもゼニスのヴィンテージ1969という時計は40mmとなっています。

逆に小さめの時計はというと2009年の新作には数えるほどしかなく、ロレックスにはありません。「パテックフィリップ」のカラトラバの大きさは38mmで、「ヴィシュロンコンスタンタン」のパトリモニートラディショナル・マニュアルワインディングも38mmとなっています。

なぜこのように大きな時計が流行しているかというと、スポーツウォッチが流行しているためです。またロレックスのような多機能かつ高水準の時計となると、様々な機構を内部に詰め込むために、最低でも40mmは必要となるため、大きな時計は単純に高機能であるともいえるために、人気があります。最近では大きい時計を手首でなく腕に巻くことでファッションとして取り入れるつけ方が流行していることも理由の一つです。

時計を作る立場の方は、まず流行を考えたうえで需要があれば製造に入ります。その流行は国によって異なり、たとえば日本では38㎜サイズの小さい時計が人気で、日本にある時計を製造する企業も多くの小さい時計を製造しています。そのため小さい時計が売れていないということはなく、国によって時計の好みが異なっているといえます。